終活のはじめ方

終活とは?の写真

終活とは?

終活は雑誌によって造られた語句で明確な定義はありません。しかし、一般的には自身の死に関するさまざまなイベントに備えることとされています。老後の介護や医療について、自身の葬儀やお墓について、遺産相続について、財産や身辺の整理する生前整理など人生の最期を意識して準備を行うことです。

死と向き合い、最後まで自分らしい人生を送るための準備のことです。社会の高齢化や価値観の多様化とともに自分や家族の人生のエンディングについて早くから考え、行動する終活が注目されています。高齢者が今までの人生を振り返り、これからの後半期の生き方を展望するとともに、万が一のために家族に伝えておくべきことを整理しておく終活の重要性が増してきたのです。終活を始めようと思うけれど、何から始めればいいのかわからないという方のために。終活はモノや資産を整理することだけでなく、ライフスタイルを見つめ直しこの先の人生を実り多いものにするための活動です。人生の後半戦を楽しみ、自分の望む最期を迎えられるように元気なうちから準備をすることです。年齢を重ねるにつれ、老後の生き方や人生の締めくくり方を考えるようになる人も少なくありません。

近年の少子高齢化時代においては周囲に迷惑をかけずに人生を終わるための準備をすることが広がりを見せています。様々なメディアでも見聞きする終活ですが、いざ自分事として考えてみれば、いつから行うべきか分からないという人も多いのではないでしょうか。

人生の最後を決めておくことで、残りの人生をいきいきと満喫する。そんなところから、葬儀やお墓だけでなく、生前のことから遺された家族のことまで全体的に考え行動していくのが終活です。何を考え、何を対処しておけばよいか。少子化、家族関係の変化、情報社会の進展などを背景として、かつては問題にならなかったようなことに備えなければならない必要が生じています。

日々の漠然とした不安や心配ごとを抱えていては、充実したセカンドライフを送れないのではないでしょうか。未来への心配や不安を解消し、明るい気持ちで最期を迎えるためにも終活をすることを検討しましょう。あまり考えたくない、元気なのにまだ早いと思う方もいるかもしれませんが、終活はより良い老後を送るための大切なことです。このような背景から老後生活の不安を解消したい、家族に負担をかけたくないと考える人が増え、終活に取り組む人が増えていると考えられます。

死ぬときのことは考えたくないという思いが強くなって、終活に拒否反応を示す方がいらっしゃるようです。自分の死に備えた身辺整理というのは、確かに終活です。終活をするメリットをご説明します。

渋谷区での葬儀なら渋谷区の葬儀で好評の葬儀社グランドセレモニー
葬儀 渋谷区